「軽さ」と「しなり」のバドミントンラケット・メーカー
「軽さ」と「しなり」のバドミントンラケット

お客さまからの質問:スイング、ショット

初心者はガットを強くはった方が良いのか?

よく聞かれる質問です。

小学生からジュニアチームで始める選手は、指導者の方が勧めるテンション(ガットの強さ=ポンド数)で良いと思いますが、中学生・高校生・大学生・社会人から始める方で、週に1~3回の練習をされる方はあまり硬く張ることをお勧めしません。

バドミントンラケットはカーボン素材を採用してから著しい軽量化が進みました。ガットも機械で張るようになってから、20ポンド張ることが流行っておりますが、硬く張ることで初心者にとってはメリットよりもデメリットが多い事はなんとなくわかっていても明確な理由を教えてくれる人があまりいないのが現状です。 そこで、簡単に説明します。

ガットを強くはるデメリット

①硬く張るとスウィートスポット(野球のバットなどでは芯と言われる部分で、当たった時に一番反発の高い範囲)が小さくなるため、いい当たりが出ないと無理な力を使って飛ばそうとするため、手首・肘・肩を痛める可能性が高くなります。ちなみに、ガットが硬い事によって衝撃が強くなって怪我をするという話を耳にしますが、そのような事はありません。

②硬く張るとスウィートスポットに当たった場合のシャトルの反発は上がりますが、高さと左右のコントロールが難しくなります。

③硬く張ると、ガットが切れた場合やシャトル以外の床やパートナーのラケットと接触した場合の破損率が格段に上がります。

簡単に説明してもこれだけのデメリットがあります。 特にお父さんお母さんにラケットを買っていただいてる選手はラケットを長く大切に使うためにも、女子は15~17ポンド。男子は16~18ポンドくらいで始めることをお勧めします。

バドミントンお役立ち情報

  • ラケットの正しい選び方
  • ガットは強く張るほど良い?
  • あなたのプレースタイルは?

一度使ってみて、薫風ラケットが手放せなくなった愛用者様の声

お気軽にお電話ください♪
クンプーのお客様担当がご対応いたします。

お支払い方法 

・銀行振込(※お振込手数料はお客様にてご負担願います) ・代金引換(ご注文金額が10,000円以上の場合、代引き手数料無料となります。ご注文金額が10,000円未満の場合、代引き手数料324円頂戴します。) ・クレジットカード決済(手数料無料)  詳細はこちら >

送料 

・10,000円未満 → 864円 ・10,000円以上 → 送料無料 詳細はこちら >

日時指定 

返品・交換 

・商品到着から7日以内で未使用に限り受け付けております。  詳細はこちら >

会社情報 

会社名 薫風スポーツ株式会社
住所 〒273-0035 千葉県船橋市本中山7-8-15
Tel 047-383-9311
Fax 047-383-9312
営業時間 平日 10:00 〜 18:00

詳細はこちら >