「軽さ」と「しなり」のバドミントンラケット・メーカー
「軽さ」と「しなり」のバドミントンラケット

お客さまからの質問:スイング、ショット

本日はバドミントンラケットを入れるケースやバッグについてのご質問を頂きましたので、お答えします。特にバドミントンを始める際や、始めた方は疑問に思っていながらもなかなか効く機会がないと思います。特別な選び方というものはありませんが、バッグという物の種類と効果についてお話ししたいと思います。 まず、①ケースと②バッグは別々に考えてください。

①(ラケット)ケース ラケットを購入した時についてくる1本入りのもの。 ②(ラケット)バッグ ラケットを数本入れることができ、シューズや着替えも収納できるもの。

まずは①のケースについて説明します。

ケースは布地でできている「ソフトケース」と、ビニール素材でファスナーのある「ハードケース」の2種類がありますが、このケースは原則購入時にラケットについてくるものですので、購入時に選択する事ができないのが現状です。 昔はハードケースと言われるものしかなかったのですが、ラケットを何本も入れる選手が1本ずつハードケースに入れて、それをバッグに入れるとラケットの本数はもちろん、着替え等のスペースが無くなることからソフトケースが誕生しました。ですので、各メーカーもビギナーズラケットはハードケース、中・上級者用はソフトケースと分けていたのですが、現在は全体的にソフトケースの割合がほとんどになっています。 どちらのケースでも使用上問題はありませんが、雨の日にソフトケースで持ち歩いているとラケットが濡れてしまう点は気をつけなければいけません。グリップテープや木が湿気でカビが生えてしまうと臭いもそうですが、手自体に問題が発生する場合があります。購入時に細長いビニール袋に入っている場合はその袋を捨てずに、小さく丸めてソフトケースの中にしまっておき、雨の日にかぶせるのが便利な方法です。 また、「ハードケース」は「ソフトケース」に比べれば雨に強いですが、やはりケースの中は時々拭いたり乾燥させないとカビが生える原因となりますので、きちんとお手入れしましょう。

②バッグについて

バッグは「ラケットバッグ」や「トーナメントバッグ」等の呼び方がありますが、大会に出る出ないは別として、最初は「6本入りラケットバッグ」と言われるものを持っている方が便利です。ほとんどの物が、リュック形状になっていて、自転車・徒歩・電車・車の移動に対応できるように持ち手も豊富で色々な持ち方ができます。小物ポケットもついているので、ガットが切れた際にすぐに全部のガットを切れるようにハサミをいれたり、絆創膏やテーピングもしまっておけるので、いざという時の対応もできるようになります。 また、ジュニアの選手でバッグが大きすぎる方には、小型のリュックサックタイプでラケット・シューズ・ウェアが収納できるものもあります。

ラケットバッグを持つということは、荷物がいっぱい入るようになるということだけではなく、競技をする上での怪我や非常時に対応できるようになるだけではなく、選手としても自分の必要とする用具やスポーツドリンクなどを揃えて準備ができるようになったりと、できるだけ早い段階で持つ方が選手としての成長にも役立つものだと思います。

Kumpooバドミントンラケットバッグページ

よく聞かれる質問です。

小学生からジュニアチームで始める選手は、指導者の方が勧めるテンション(ガットの強さ=ポンド数)で良いと思いますが、中学生・高校生・大学生・社会人から始める方で、週に1~3回の練習をされる方はあまり硬く張ることをお勧めしません。

バドミントンラケットはカーボン素材を採用してから著しい軽量化が進みました。ガットも機械で張るようになってから、20ポンド張ることが流行っておりますが、硬く張ることで初心者にとってはメリットよりもデメリットが多い事はなんとなくわかっていても明確な理由を教えてくれる人があまりいないのが現状です。 そこで、簡単に説明します。

ガットを強くはるデメリット

①硬く張るとスウィートスポット(野球のバットなどでは芯と言われる部分で、当たった時に一番反発の高い範囲)が小さくなるため、いい当たりが出ないと無理な力を使って飛ばそうとするため、手首・肘・肩を痛める可能性が高くなります。ちなみに、ガットが硬い事によって衝撃が強くなって怪我をするという話を耳にしますが、そのような事はありません。

②硬く張るとスウィートスポットに当たった場合のシャトルの反発は上がりますが、高さと左右のコントロールが難しくなります。

③硬く張ると、ガットが切れた場合やシャトル以外の床やパートナーのラケットと接触した場合の破損率が格段に上がります。

簡単に説明してもこれだけのデメリットがあります。 特にお父さんお母さんにラケットを買っていただいてる選手はラケットを長く大切に使うためにも、女子は15~17ポンド。男子は16~18ポンドくらいで始めることをお勧めします。

どうもマミッコです!!

BAD-M

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はクリスマスイヴ★

皆さんチキンとケーキと靴下の準備はバッチリですか~??(´∀`)

今日も前回にひきつづきバドミントンラケットのグリップについてお話していきます!!

バドミントングリップあるある(´∀`)

アンダーラップを巻く!!

元々ラケットのグリップに巻いてある革製のグリップテープを剥がしたり、元グリップの上にスポンジ状のテープ(アンダーラップ)を巻きます!!

自分の好みの太さに調節できることや、クッション性があがる等の+効果があるとしてよく経験者の中では利用されているのをみかけます☆

イエローとピンクが握りやすい!?

よくこの2色を使用している方をみかけますが、皆さん口をそろえて「この色が握りやすい」と言います!!

実際に工場の方に聞いたところ塗料の関係でこの2色は柔らかく仕上がるとか仕上がらないとか・・・!?

 

などなどです★

ここまで何度かにわたり、バドミントンラケットとの付き合い方をご紹介してきましたが

少しは皆さんの参考になっているといいのですが・・・

次回もご期待ください★

 

SHY-Sマミッコの独り言:2013年も残りわずかです!!!

皆さんの打ちおさめはいつでしょうか??

また来年も皆さんが楽しく怪我なくバドミントンができますように(´∀`)

 

どうもマミッコです!!!BAD-M

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はKUMPOO本社のある千葉県でも雪がふるかもとの予想・・・

朝からとても寒い1日です(゚Д゚)

前回につづきバドミントンラケットのグリップについてお話していきます☆

グリップテープの種類

ノーマルグリップテープ

通常、ノーマルグリップテープといわれるタイプがバドミントンプレイヤーには多く使用されています。

凹凸のない滑らかなタイプで、今ではキャラクター物も販売されているくらいに種類は豊富です!!

でこぼこグリップテープ

ノーマルグリップテープの中心部分にスポンジなどが一本入っているタイプで

実際にグリップに巻いた際に凹凸ができます!!!

少し太めのグリップが好みの方や手の平へのフィット感を重視する方にはこちらのグリップがオススメです!!

タオルグリップテープ

タオル生地のグリップテープです。

特に男性のプレイヤーに好まれる傾向があります!!それもそのはず・・・実際にテープを巻いたあとは

かなりグリップが太くなります。

夏場等の暑い季節には汗を吸い取ってくれるので、グリップが滑る心配もなくかなり便利です!!

(ただし・・・衛生的にもこまめにかえる必要がありそう(゚Д゚))

 

グリップテープもストリングスと同様に、ロールタイプのものも販売されています。

 

こちらもラケットのデザインやカラーに合わせてお好みの色を選んで

自分好みのラケットに!!さらにバドミントンが楽しくなるかもしれません★

ちなみにマミッコは・・・

IMG01079

 

 

 

 

 

 

 

ホワイトピンクのPOWERSHOTNANO700Rにバイオレットカラーのグリップをまいて

可愛らしいイメージを演出しております(・´з`・)

マミッコのセンスどうでしょうか??笑

次回はグリップあるある!!をご紹介します☆ご期待下さい!!

 

CRYBAG-S

 

マミッコの独り言・・・さっさっさむい!!北海道出身のマミッコですが、

東京もす~ごく寒いです・・雪・・ふるのかな??

皆さん風邪には気を付けて下さい★

バドミントンお役立ち情報

  • ラケットの正しい選び方
  • ガットは強く張るほど良い?
  • あなたのプレースタイルは?

一度使ってみて、薫風ラケットが手放せなくなった愛用者様の声

お気軽にお電話ください♪
クンプーのお客様担当がご対応いたします。

お支払い方法 

・銀行振込(※お振込手数料はお客様にてご負担願います) ・代金引換(ご注文金額が10,000円以上の場合、代引き手数料無料となります。ご注文金額が10,000円未満の場合、代引き手数料330円頂戴します。) ・クレジットカード決済(手数料無料)  詳細はこちら >

送料 

・10,000円未満 → 880円 ・10,000円以上 → 送料無料 詳細はこちら >

日時指定 

返品・交換 

・商品到着から7日以内で未使用に限り受け付けております。  詳細はこちら >

会社情報 

会社名 薫風スポーツ株式会社
住所 〒273-0035 千葉県船橋市本中山7-8-15
Tel 047-383-9311
Fax 047-383-9312
営業時間 平日 10:00 〜 18:00

詳細はこちら >