「軽さ」と「しなり」のバドミントンラケット・メーカー
「軽さ」と「しなり」のバドミントンラケット

お客さまからの質問:スイング、ショット

皆様こんにちは~!急に気温も下がってきました。 「読書の秋」「食欲の秋」「体育の秋」色々な言い方がありますが、バドミントンに限らず、スポーツ界では「トレーニングの秋」という言葉があります。 私は個人的にこの「トレーニング」が言葉も実行も大嫌いなのです(^^) 決して努力することが嫌いという意味ではなく、この後を読んでいただけたら、その理由を皆様にもわかっていただけると思います。 さて、本日は速いスマッシュを打つためのお話をさせていただきます。 この質問はバドミントンで一番多い質問だと思います。 「速いスマッシュ」=「速いスイング」=「筋トレ」 このような考えをお持ちの方がいらっしゃるのではないかと思います。 断言させていただきます!全く、全く120%違います。全国の多くの指導者を的に回すことになっても断言します。違います! 特に「腕立て伏せ」「ダンベル」「ベンチプレス」等を使ってスマッシュが速くなると思われてる方もいらっしゃると思いますが、そのような筋力とスイングの筋力は別なものになりますので、逆に速度が下がる可能性があると私は考えております。では、どのように速いスマッシュを打つのか?必要な筋肉をつけていくのか?

①まず筋力よりも正しいスイングを身につけましょう。

正しいスイングというと周りから見て「綺麗なフォーム」という印象を受けますが、これも違います。 良い例はジュニア選手の打ち方です。 体の割合から見て、「なんであんなにシャトルが飛ぶんだろう?」と大人は皆感じたことがあるはずです。 ジュニア選手にとってバドミントンラケットは長く重たいので、自分の力だけではなくラケットの先の重さを素直に活用しているからです。 これと同じようにラケットのヘッドの重さを感じながら打つことが「正しい打ち方」「正しいラケットの使い方」=「正しいスイング」になると私は考えております。 シャトルはたったの5g前後です。この軽いシャトルを飛ばすためには、大きな腕の振りではなく、コンパクトにラケットの先が動くことが大切です。 まずは意識を腕や肩ではなく、ラケットの先(フレーム)がきちんとシャトルを弾いているかを感じ取りながらクリアやスマッシュを打ってみましょう。

②正しい面の向きを見つけましょう

①を意識しながら、面の向きを確認してください。 どんなにスイングが速くても、スイング方向があっていなければ、スマッシュ速度が半減します。 これを故意に打つのがカットスマッシュになりますが、無意識に面の向きがずれてカットがかかってしまうと、ネットミスやサイドミスさらにはフレームショットまで起きる可能性があります。 時々、上級者でフレームショットをしても相手コートにきっちりと打ち返す選手を見かけることがあると思いますが、これはきちんと面がスイング方向に合っているためであって、偶然やまぐれではないのです。 面の向きがスイング方向に対して合っている事で全ての力がシャトルに加わり、簡単に速度を上げることができます。 では、どうすれば正しい向きがわかるのか? 打球時の音に集中してください。面の向きがずれている時はやはり面を切っている(カット)の音が聞こえるはずです。 「シュッ」とか「ザッ」というような打球音です。 これに対して、短く「パン」「ポン」といった綺麗な音が聞こえる面の向きを見つけることが一番重要です。

③正しいスイング、正しい面で打球をしましょう

①と②ができてきたら、あとは実践と実戦です。 何日もかけて、何百回、何千回と打球することが一番の筋トレです。 スイングの回数を重ねることで、スイングに必要な筋力がつくだけでなく、力を入れるポイントや抜くポイントも身につきます。 同時に、普通の筋トレでは身につけることができない打点やタイミングも全て同時に身につけることができます。 当たり前のことですが、打球を重ねることで打球に必要な全ての筋肉が身につくのです。 また何球も打っていると腕も疲れてきて速度も下がります。試合ではその状態でも絶対に相手コートに打たなければいけません。 これも打球練習で体験でき、打球練習を重ねることで鍛えられるのです。

最後にものすごく大事な話をします。 スマッシュの速度が上がらないから、トレーニングをする。 フットワークが遅いからダッシュする。 体力がないからランニングする。 結果は筋力がついてダッシュが速くなって、持久走が速くなる。これだけのことです。 バドミントンの上達には直接結びつくことではありません。 バドミントンの上達を目指すのであれば、コートの中でラケットとシャトルを使わなければいけません。 もちろん、学校の部活であれば他競技との兼ね合いで体育館が使えない日があると思います。 それでもすぐにトレーニングやランニングではなく、許可を得て廊下にネットを張ってドライブの練習やショートサーブの練習をした方がバドミントンの上達につながります。 外であっても、ただ走るのではなく、コート内と同じ距離でフットワークをした方が良いです。(ラケットは持っている方が良いです。ラケットを壊さないようにスイングは無しでも、上からのスイングだけでもいいです)ランニングと同じ速度と時間ででフットワークをすれば、バドミントンに必要なフットワークと持久力が身につきます。 誰もが知らないうちに「試合のための練習」ではなく「練習のための練習」になっているのがバドミントン部に多くみられる練習方法です。 まずは筋トレではなく、打球!最悪でも素振り!これを継続して行ってみてください。 必ず短期間で自身の上達を感じることができます!!

こんにちは、シュウです。 先日はグリップの握り方についてお問い合わせいただきましたが、本日は左利きの方のグリップテープの巻き方についての質問に回答させていただきます。 実は私自身も左利きなので、今までのバドミントン人生で何度もこの巻き方は考えました。 今回はグリップの種類別でお話しさせていただきます。

ノーマルグリップは右利きとは反対向きで!!

ノーマルグリップとは、表面が平らなグリップの事で、穴があいているのとあいていないものはどちらでも同じです。 問題は、その巻く向きになります。 IMG_3993 写真は右利きの巻き方で、指の角度とグリップの目の向きが90度で重なっているのがわかると思います。 ですので、左利きの場合は、下に巻いてある元グリップの目の向きと逆向きに巻くのが良いと思います。

デコボコグリップは右利き用と同じ向きで!!

先程のノーマルグリップとは対照的になりますが、私はデコボコの目を活かして握りを矯正できるので、右利きと同じ向きで巻くことをお勧めします。 IMG_3995 前回のグリップの握り方で、構えている間は軽く握ることを話している通り、私もできる限り力を抜くためにこの目に合わせてラケットを軽く持つようにしております。 それによってフォアとバックの使い分けがスムーズになるという効果も得られます。 バドミントンラケットは近日軽量化とともにプレースタイルも変わっており、個々に握り方や好みもあると思いますので、色々と試してみるのも一つの手であると思います。

本日も頂きましたご質問に回答させていただきます。

バドミントンラケットの握り方は確かに何通りかあります。私の知る限り、この25年はその時その時の世界チャンピオンの握り方が流行になっていました。

 ウェスタンからイースタンに流れてきて、その中でアレンジされた握り方がいくつかありました。 現在ではコンチネンタルグリップ等、種類も増えておりますが原則はイースタングリップで間違いありません。 簡単に説明しますと、ラケットを平面においた状態ではなく面を垂直にした状態で人差し指と親指ではさむように持ちます。

写真の右の握り方にすることによって、フォアハンドとバックハンドの両方が使えて、ショットの強弱も付けやすくなります。写真左の握り方はウェスタングリップで、1発のショットは問題ありませんが、フォアとバックの使い分けもショットの強弱もつけにくくなります。

そして、最も大切なのは、フットワークで移動したり相手が打つ瞬間はリラックスした状態で構えていることです。 強く握っていると、相手の打球に対して反応が遅れてしまい、さらに強い力でラケットを振ってしまうため、柔らかい打球がうまく打てなくなります。

また、始めたばかりのジュニアの選手はそこまでこの握りにこだわる必要はないと私は考えております。お父さんお母さんやコーチがこのグリップを強くすすめる傾向がありますが、言われたジュニア選手はラケットの握りにばかり気がいってしまい、大切な構えや足の動きが悪くなってしまうためです。「成長していく過程で自然とこの握りができるようにさせてあげる」という気持ちで伝えてあげてください。

ハイクリアを奥まで飛ばす事はバドミントンの上達の中で最も難しいとされるテーマの一つです

①ハイクリア②ハイバック③レシーブ

この3つは初心者の方、レディースの方にとって難しいショットとされており、本日はハイクリアを奥まで飛ばすコツについてお話しさせていただきますがコツはいくつかありますので、第1弾から順番にアップしていきます。

ハイクリアを奥まで飛ばすコツ(第1弾)

ハイクリアを奥まで飛ばせるようになるということはスマッシュの速度も上がるということです。 ぜひ以下の3点を試してみてください。

①打点を高くする!

同じ力で打っても打点が高いのと低いのでは、当然高い方が飛距離が伸びます。 しかし、肘を100%完全に伸ばした状態まで意識する必要はありません。 今打っている打点を少し高くするようにしましょう。

②振り始めは背中から!

ラケットを振り始める時にはラケットの面が背中に付くくらいの位置からスタートしなければ駄目です。 空振りを恐れて先にシャトルを触りに行くと、振り始めから打球までの距離が近すぎて加速する時間がなくなります。 シャトルが近づくまで我慢して頭の上に来たら一気に振るようにしましょう。

③体重移動を速く!

簡単に言うと、後ろから走りこみながらシャトルを打てば誰でも奥に飛ばせます。 この原理を利用して、打った後にすぐに元の位置に戻って、常に一歩前に出ながら打つようにしましょう。 逆に一歩下がりながら打ってしまうと力が半減してしまい、全く飛ばなくなります。 最初はこの二つの違いを試してみて、体重移動の重要性と間隔をつかんでみても良いと思います。

以上の3点をまずは試してみてください。

バドミントンお役立ち情報

  • ラケットの正しい選び方
  • ガットは強く張るほど良い?
  • あなたのプレースタイルは?

一度使ってみて、薫風ラケットが手放せなくなった愛用者様の声

お気軽にお電話ください♪
クンプーのお客様担当がご対応いたします。

お支払い方法 

・銀行振込(※お振込手数料はお客様にてご負担願います) ・代金引換(ご注文金額が10,000円以上の場合、代引き手数料無料となります。ご注文金額が10,000円未満の場合、代引き手数料324円頂戴します。) ・クレジットカード決済(手数料無料)  詳細はこちら >

送料 

・10,000円未満 → 864円 ・10,000円以上 → 送料無料 詳細はこちら >

日時指定 

返品・交換 

・商品到着から7日以内で未使用に限り受け付けております。  詳細はこちら >

会社情報 

会社名 薫風スポーツ株式会社
住所 〒273-0035 千葉県船橋市本中山7-8-15
Tel 047-383-9311
Fax 047-383-9312
営業時間 平日 10:00 〜 18:00

詳細はこちら >