「軽さ」と「しなり」のバドミントンラケット・メーカー
「軽さ」と「しなり」のバドミントンラケット

お客さまからの質問:スイング、ショット

バドミントンラケットバッグってソフトケースやハードケースがありますが、選び方はありますか?

本日はバドミントンラケットを入れるケースやバッグについてのご質問を頂きましたので、お答えします。特にバドミントンを始める際や、始めた方は疑問に思っていながらもなかなか効く機会がないと思います。特別な選び方というものはありませんが、バッグという物の種類と効果についてお話ししたいと思います。 まず、①ケースと②バッグは別々に考えてください。

①(ラケット)ケース ラケットを購入した時についてくる1本入りのもの。 ②(ラケット)バッグ ラケットを数本入れることができ、シューズや着替えも収納できるもの。

まずは①のケースについて説明します。

ケースは布地でできている「ソフトケース」と、ビニール素材でファスナーのある「ハードケース」の2種類がありますが、このケースは原則購入時にラケットについてくるものですので、購入時に選択する事ができないのが現状です。 昔はハードケースと言われるものしかなかったのですが、ラケットを何本も入れる選手が1本ずつハードケースに入れて、それをバッグに入れるとラケットの本数はもちろん、着替え等のスペースが無くなることからソフトケースが誕生しました。ですので、各メーカーもビギナーズラケットはハードケース、中・上級者用はソフトケースと分けていたのですが、現在は全体的にソフトケースの割合がほとんどになっています。 どちらのケースでも使用上問題はありませんが、雨の日にソフトケースで持ち歩いているとラケットが濡れてしまう点は気をつけなければいけません。グリップテープや木が湿気でカビが生えてしまうと臭いもそうですが、手自体に問題が発生する場合があります。購入時に細長いビニール袋に入っている場合はその袋を捨てずに、小さく丸めてソフトケースの中にしまっておき、雨の日にかぶせるのが便利な方法です。 また、「ハードケース」は「ソフトケース」に比べれば雨に強いですが、やはりケースの中は時々拭いたり乾燥させないとカビが生える原因となりますので、きちんとお手入れしましょう。

②バッグについて

バッグは「ラケットバッグ」や「トーナメントバッグ」等の呼び方がありますが、大会に出る出ないは別として、最初は「6本入りラケットバッグ」と言われるものを持っている方が便利です。ほとんどの物が、リュック形状になっていて、自転車・徒歩・電車・車の移動に対応できるように持ち手も豊富で色々な持ち方ができます。小物ポケットもついているので、ガットが切れた際にすぐに全部のガットを切れるようにハサミをいれたり、絆創膏やテーピングもしまっておけるので、いざという時の対応もできるようになります。 また、ジュニアの選手でバッグが大きすぎる方には、小型のリュックサックタイプでラケット・シューズ・ウェアが収納できるものもあります。

ラケットバッグを持つということは、荷物がいっぱい入るようになるということだけではなく、競技をする上での怪我や非常時に対応できるようになるだけではなく、選手としても自分の必要とする用具やスポーツドリンクなどを揃えて準備ができるようになったりと、できるだけ早い段階で持つ方が選手としての成長にも役立つものだと思います。

Kumpooバドミントンラケットバッグページ

バドミントンお役立ち情報

  • ラケットの正しい選び方
  • ガットは強く張るほど良い?
  • あなたのプレースタイルは?

一度使ってみて、薫風ラケットが手放せなくなった愛用者様の声

お気軽にお電話ください♪
クンプーのお客様担当がご対応いたします。

お支払い方法 

・銀行振込(※お振込手数料はお客様にてご負担願います) ・代金引換(ご注文金額が10,000円以上の場合、代引き手数料無料となります。ご注文金額が10,000円未満の場合、代引き手数料324円頂戴します。) ・クレジットカード決済(手数料無料)  詳細はこちら >

送料 

・10,000円未満 → 864円 ・10,000円以上 → 送料無料 詳細はこちら >

日時指定 

返品・交換 

・商品到着から7日以内で未使用に限り受け付けております。  詳細はこちら >

会社情報 

会社名 薫風スポーツ株式会社
住所 〒273-0035 千葉県船橋市本中山7-8-15
Tel 047-383-9311
Fax 047-383-9312
営業時間 平日 10:00 〜 18:00

詳細はこちら >